口座引き落としプラス手数料無料の返済方法

キャッシングの基本は返済にあります。
だからこそ返済にはどのようなことに気をつけなくてはならないのか考えていかなくてはなりません。
サラ金では返済方法が豊富に用意されており、銀行カードローンでは返済方法が少ないものです。
しかしそれがメリットデメリットかといえばそうでもありません。
キャッシングの返済は、口座引き落としプラスアルファ、その形を作っていきましょう。
そのプラスアルファとなる返済方法には手数料無料で自分にとって不都合の無いものでなくてはなりません。
まずは口座引き落としを選択する理由です。
返済は忘れることができません。
一日でも遅れてしまえば『返済が遅れると遅延損害金が発生する』でもお伝えしたように返済金額が日一日と増えていくからです。
もちろん信用も失います。
その信用は単に借り入れをしているキャッシング業者からの信頼だけではなく、返済の遅れも長くなればそれが個人信用情報機関に登録され社会的な信用を失うことになります。
そのようなことのないように、毎月の返済は確実に行わなくてはなりません。
ところが返済方法を自分でアクションを起こすもの、例えばATMからの返済であったり、インターネットバンキングからの返済であったりとなればそこには「うっかり」や「多忙」などという理由で返済ができない時が出てくる可能性があります。
単純に返済日を失念してしまうこともあれば、返済日だとわかっていながら忙しさのあまりATMまで向かう時間がなかったということもあるかもしれません。
これらを防ぐためにも口座引き落としは基本の返済方法として使っておくことをお勧めします。
その他になぜプラスアルファの返済をしなくてはならないのかをご説明しましょう。
口座引き落としは毎月自動的に返済額を引き落としてくれる便利な方法ではあるものの基本的には最低返済額だけの引き落としになります。
最低返済額だけを返済していたのでは確実に長期化します。
金利が無ければ長期化したところでそれほどの負担はないものの、一日ごとに加算される利息は返済長くなればその日数分支払わなくてはなりません。
早い完済が精神的な負担を取り除くだけではなく利息という実際に発生するコストも削減することができます。
そのためにも口座引き落とし以外の方法でも積極的に返済をしていきたいものです。
その方法もいくつかありますが、基本として手数料無料であること、年道ではないことを条件として探してみましょう。
例えばプロミスであれば口座引き落としを返済方法の基本として、その他に手数料無料でインターネットバンキングからの返済を行っていきます。
オリックス銀行カードローンであれば口座引き落としを基本として、その他に手数料無料で提携コンビニATMからの返済をしていくとよいでしょう。
返済方法が自分にとって便利なものでなければ例え手数料が無料だったとしても積極的な返済にはつながりません。
いつでも「ついで」にできる方法だからこそ手数料無料であれば返済をしておこうという気持ちが起きるものです。
参考サイト:【サラ金審査攻略】キャッシング審査の流れとポイント

プロミスの振込キャッシングがいつでも「すぐ」になる方法

プロミスには振込キャッシングがあります。
どこの銀行口座でも振込キャッシングを受けることができますが、銀行の営業時間内でなければ振込キャッシングは実施されません。
つまり、平日の9時から手続きの時間を考慮した14時50分までが振込キャッシングの対応時間となっています。
しかしプロミスではメリットのある銀行口座があります。
三井住友グループの完全子会社となるプロミスは、同じグループ内の三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座があると格段に便利になります。
その一つが振込キャッシングです。
振込キャッシングの受取口座を三井住友銀行かジャパンネット銀行にすることで、24時間振込キャッシングが可能です。
手続きをすればすぐに振り込みが実施されます。